花に合った水揚げの方法

いけばな ホーム

いけばなのルーツや歴史


いけばなの基本形

生花 (写真)

四季の取り合わせ

花に合った水揚げの方法

代表的ないけばなの流派

いけばなを習う事によって・・・

フォームメール

いけばな関連リンク


アカシヤ 水切り、又は切り口をアルコールに浸す
紫陽花 切り口を砕き、沸騰させた食塩水に4~5秒つける。又は焼きミョウ
バンをすり込む
葦類 深水につけて吸収させる
アスター 水切り
アネモネ 水切り
アマランサス ハッカ油を加えた食塩水を沸かし、切り口を4~5秒つける
アマリリス 水切り
アンスリウム 水揚げし易いので空気中で切って水に浸すのみでよい
ウツギ 水切り
切り口を割り、深水に浸す
エリカ 水切り
切り口を十文字に割り、食塩をすり込む
カトレア 水切り
カーネーション 水切り
ガーベラ 水切り
カラー 水切りか、ポンプで水を注ぐ
カラジューム 切り口に食塩水をすり込む
柑橘類 切り口を細かく割り、水をふき取りアルコールに浸す
カンナ アルコールに数秒つける
水切りか、切り口を焼く
クマザサ 食塩水に一昼夜浸してから生ける
グラジオラス 水切り
鶏頭 水切り
コウホネ タンニン酸1%をポンプで注入
コスモス 切り口に食塩水をすり込む
ザクロ 切り口を裂き、食塩水をすり込んで焼く
サルビア 切り口をアルコールでふくか、又は水切り
サンザシ 切り口を焼く
シクラメン 切り口に食塩をすり込む
シンピジュ-ム 水切り
水仙 水切り
スイレン ポンプで水を注入するか、薄い木炭汁につける。花を閉ざさない為に
はアルコールと水を1対3の割合でまぜて注入する
ストック 水切り
ゼラニューム ハッカ油に2~3秒浸す
各節、又は各関節に穴を空けて、その節の中に食塩水を注ぐ
ダリア 熱湯につけて、すばやく冷水につける
千鳥草 水切りをするか又は、ハッカ油に浸す
椿 水切り
チューリップ 切り口に食塩水に浸すか、切り口をアルコールに数秒浸す
葉げいとう 濃い食塩水にハッカ油を5~6滴落とし、沸騰させて根本を2~3分浸し
冷水に移す
水揚げポンプにて、冷めた濃茶、たばこのだしがら、しょうが汁、切った
池の水などをブレンドし注入し、水中に全体をつける
バラ 切り口を焼くか、煮て深水に浸す
姫芭蕉 切り口を酢酸に5~6秒つける
切り口を砕き、焼きミョウバンをすり込む
ポインセチア 切り口を十分焼くか、熱湯に3~4秒浸す
ボケ 水中にて切り口を十文字に割る
牡丹 切り口をよく焼き、焼きミョウバンをすり込む
ポピー ハッカ油に数秒つける
水揚げ不要
マーガレット 熱湯に数秒つける
木蓮 切り口を焼くか、塩酸を加えた水にさす
矢車草 切り口をくだき熱湯につける
雪柳 水切り
ライラック 水切り
リアトリス 水切り
リンドウ 水切り
吾亦紅 水切りをするかアルコールに浸す